米国競馬の祭典ブリーダーズC初日の主な結果

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 アメリカ競馬最大のイベントであるブリーダーズカップ(BC)の初日が30日、キーンランド競馬場で行われた。

 初日は4鞍のGIレースが行われ、古馬牝馬によるメーンのBCディスタフ(ダート9ハロン)は、ハビエル・カステリャーノ騎手が騎乗した4番人気ストップチェンジングマリア(アメリカ=トッド・プレッシャー厩舎、4歳、父テイルオブザキャット)がクビ差でV。3度目のGI制覇を果たした。勝ちタイム1分48秒98(良)。なお、人気が予想されたアンタパブルは出走取消となっている。

 2歳牡馬&セン馬のBCジュヴェナイルターフ(芝8ハロン)は、ライアン・ムーア騎手の騎乗でアイルランドから遠征したヒットアボム(エイダン・オブライエン厩舎、牡、父ウォーフロント)がクビ差でV。3戦無敗でGI初制覇を果たした。2歳牝馬によるBCジュヴェナイルフィリーズターフ(芝8ハロン)は、フローラン・ジェルー騎手が騎乗したキャッチアグリンプス(アメリカ=マーク・カッセ厩舎、父シティージップ)が3/4馬身差で優勝。4戦3勝でGI初制覇となった。

 もう1鞍のBCダートマイル(ダート8ハロン)は、人気のリアムズマップ(牡4歳、父アンブライドルズソング)が2馬身1/2差で快勝し、GI・2連勝。トッド・プレッチャー調教師とハビエル・カステリャーノ騎手騎手のコンビは、この日BC2勝となった。

引用:米国競馬の祭典ブリーダーズC初日の主な結果


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×