加瀬秀樹が苦しみながらも首位をキープ 青木功は8オーバーで予選落ち

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

<日本シニアオープンゴルフ選手権 2日目◇30日◇COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース>

レジェンドたちが活躍中!シニアツアーフォトギャラリー

 2日目を迎えた「日本シニアオープンゴルフ選手権」。昨日“65”を叩き出した加瀬秀樹が今日は“73”と苦戦しながらもトータル6アンダーで単独首位をキープした。

 1番からスタートした加瀬はバーディ発進を見せた初日とは打って変わりパーを並べる展開。9番でようやく最初のバーディを奪う。

 折り返してからは前半よりもさらに厳しい展開。11番、13番、15番とボギーを重ね後続に追いつかれるが、17番で何とかスコアを凹ませてホールアウト。苦しみながらも最上位で予選ラウンドを終えた。

 2位タイにはスコアを3つ伸ばした平石武則と渡辺司。トップの加瀬を1打差で追っている。続いてスペインのミゲル・アンヘル・マーティンがトータル4アンダーで単独4位。清水洋一がトータル3アンダーの5位につけている。

 倉本昌弘はスコアを伸ばせず1アンダーの10位タイ。青木功は8オーバーの74位タイで予選落ちとなっている。

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

引用:加瀬秀樹が苦しみながらも首位をキープ 青木功は8オーバーで予選落ち


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×