注目の“内藤のパレハ”の正体は元ヤングライオン渡辺高章=新日本

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 12日の新日本プロレス「KING OF PRO-WRESTLING」東京・両国国技館大会は、超満員となる8302人を動員した。セミファイナルでは、不穏な言動が続く内藤哲也が謎のパレハ(相棒)を引き連れて登場。棚橋に敗れ、1.4東京ドーム大会の権利証を逃すも、どこ吹く風で次期シリーズ欠場を予告した。
 今年の「G1 CLIMAX」覇者である棚橋に公式戦で勝利している内藤は、ロス・インゴベルナブレスの衣装に身を包んだパレハを引き連れて入場。イスを使ったドロップキックや、掟破りの逆スリングブレイドからのグロリアなどで、徹底的に棚橋を挑発し、スカしまくると、レフェリー不在のスキに、ついにパレハが乱入。
 マスクを脱いだその正体は、2年前から米国ROHに海外修行に出ていた、元ヤングライオンの渡辺高章こと“キング・オブ・ダークネス”イビルだった。イビルは棚橋を投げっぱなしジャーマンで放り投げるが、そこに後藤洋央紀と柴田勝頼が駆けつけ、棚橋を救出。棚橋がハイフライフロー2連発で内藤を振り切った。

 試合後、イビルは後藤を変形大外刈りでマットに叩きつけると、内藤と肩を組んで退場。内藤は「権利証なんてどうでもいい。オレにとって一番大事なのは、パレハを皆様にお披露目することだから」と敗戦にもショックは見せず、それどころか「耳たぶが痛てー。これじゃ次のシリーズ、試合できねぇよ。そういうわけで、次のシリーズ、出ないから」と勝手に欠場予告。「イビルの声を聞きたい? トランキーロ、焦んなよ」といつもの調子で、のらりくらりとかわしまくった。
 一方、怒りの収まらない後藤は「あいつと組めよ。中途半端なレスラーが、アメリカから中途半端に帰ってきて、中途半端なことしたって何も変わらねーってことをオレが教えてやるよ」とイビルへの制裁に燃えた。

引用:注目の“内藤のパレハ”の正体は元ヤングライオン渡辺高章=新日本


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×