ハマスタ買収検討のDeNA “黒字化”までの果てしない道のり

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 ホエールズ時代から幾星霜、念願の「自前球場」を持つことになりそうだ。

 DeNAは14日、本拠地として使用している横浜スタジアムの運営会社「株式会社横浜スタジアム」の買収に乗り出していることを明らかにした。

 池田球団社長は、「両者の間で合意は出来ています」と話し、さらに「(TOB=株式公開買い付け)は11月中に開始して1月には終了できれば」と、見通しを語った。買収額は100億円規模になるという。

 歴代の球団保有企業は高額なスタジアム使用料に泣かされてきた。広告収入と売店の売り上げは球団に一切入らず、年間数億円の使用料に加えて、チケット代金の25%(DeNA参入後は13%)も運営会社に支払う必要があった。DeNAは今年3月期の決算では野球事業で13億円の赤字だった。

 近年ではソフトバンクが12年に本拠地ヤフオクドーム(当時はヤフードーム)を870億円で買収している。球場買収に関わったソフトバンクの関係者が言う。

「薄利多売で原価率の高い飲食物はさほど利益にはならないでしょう。一番大きいのは球場の広告収入。横浜スタジアムの一番大きな看板の使用料は年間約8000万円と聞いている。看板代は球場持ちだが、200万円もあれば巨大看板を作れる。外野フェンスに白いペンキで企業名が書いてある広告も、職人に頼めば50万円程度。球団が遠征中やオフ期間にコンサートを行えば、規模次第では1日1000万円くらいの収入になる」

 中畑前監督(写真円内)を中心に注目を集めたことは広告誘致にプラス。DeNAは次期監督選びに「勝てること」を重視しているという。実力がつけば、スポンサー集めの後押しになる。

 一方、支出も増える。

「これまで球場持ちだった施設のメンテナンスや芝の張り替えはもちろん、グラウンドキーパーや清掃員などのスタッフ、警備員などの人件費もバカにならない。仮に100億円で買えたとしても、すべてを回収するには10~15年はかかるでしょうね」(前出の関係者)

 DeNAは文字通り、ベイスターズと一蓮托生だ。

引用:ハマスタ買収検討のDeNA “黒字化”までの果てしない道のり


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×