「保身ばかり考えている」 元球団社長が阪神フロントに大苦言

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 大阪のスポーツマスコミがかまびすしい。

 リーグ優勝の可能性が完全に消えたことで、和田監督(53)の続投は消滅、後任候補は金本知憲(47)、掛布雅之(60)、岡田彰布(57)らだと騒いでいる。

 和田監督は今年が4年目。過去3年間の成績は5位、2位、2位。昨年は日本シリーズに駒を進めたとはいえ今年も含め3年連続で勝負どころの9月に失速した。指揮官の手腕に問題があるのは事実だろうが監督のクビをすげ替えれば勝てるようになるのか。勝負強いチームになるのだろうか。

「現場のサポート、新人の補強、育成などさまざまな部分で、いまのフロントはぬるま湯に漬かっているというか、少しずつ甘いのではないか。12球団が競争しているわけですから、ちょっとした甘さも積もり積もれば大きな差になってしまう」と、03年にリーグ優勝した当時の球団社長である野x拍]ゝ岨瓠粉慇捷餾歛腟勸・擬・砲呂海Ω世辰拭・br>

「例えばマートンが開幕直後、相手ベンチに暴言を吐いたり、スタメン落ちに激怒してふてくされたりしたことがあった。明らかにチームの和を乱す行動でフロントは厳罰に処してしかるべきなのに何のペナルティーも科しませんでした。星野さん(元阪神監督、現楽天副会長)は外国人選手に配慮しても遠慮してはいけないと話していましたが、そういう姿勢を貫くべきだと思います。あれでは外国人選手は何をやっても許されるということになりかねません。他の選手に示しがつかないし、チームの統制も取れない。和田監督も気の毒です。血を流しても現場をサポートするべきフロントが、自分たちの保身ばかり考えている気がします。中村GMを招聘したのは結果が出なかったときに責任を取らせるのにちょうどいいからだという話も聞きましたしね。野球がチームスポーツである以上、フロントと現場に一体感がなければ、もてる力をフルに発揮することはできませんよ」

 終盤の失速は、現場との一体感を欠くフロントにも原因があるようなのだ。

■メジャーでは結果が出なければフロントの責任に

 外国人助っ人を含む補強選手にオンブにダッコの現状も、監督というよりフロントの責任だ。

 05年以降、過去10年間のドラフト1位指名(自由枠と希望枠を含む)計12人のうち、バリバリの戦力になっているのは05年の岩田と12年の藤浪くらい。箸にも棒にもかからない選手を獲得しているのが現状だ。担当記者によれば「スカウトの眼力自体も疑問のうえ、フロント幹部の一存で指名が決まる。幹部にまっとうな意見をぶつけたスカウトが退団に追い込まれたこともある」そうだ。

「育成にしても問題があります」と前出の野x拍Z瓩・海β海韻襦・br>

「例えば若手育成に定評がある日本ハムは、素質があると見込んだ選手は投手も野手もこれくらいの実戦を積ませるというシステムをフロントが構築しています。阪神にはそういったシステムがないし、若手を育てるべきコーチもフロント受けのよい人が優遇されているように思います。だとすればコーチも選手と衝突してでも若手を育てようとするより、とにかく問題を起こさずコーチを続けることを優先して考えるようになってしまう」

「ダメ虎」と揶揄された暗黒時代はともかく、いまの阪神のフロントはチームづくりに湯水のごとくカネを使っている。年俸総額は10年が12球団中2位、11年1位、12年1位、13年4位、14年3位、今年は4位。監督よりむしろ、勝って当然の資金を使いながら05年を最後に10年間もリーグ優勝から遠ざかっている無能なフロントこそ責めを負うべきではないか。

 メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「メジャーでは資金力のあるチームほど投資効率を追求します。オーナーがこれだけの資金を投資するから、それに見合う結果を出すようにとGMや編成部門の責任者に注文をつける。結果が出なければ当然、責任を問われます。昨年まで4年連続地区優勝しながら、地区最下位に低迷するタイガースのドンブロウスキーをはじめ、今年はフィリーズ、レッドソックスなどあちこちでGMがクビになっています。大金を使ってチームを勝たせるのが彼らの仕事なのですからある意味、当然なのです」

 それでもフロントが安閑としていられるのは人気球団でそこそこ潤っているからだろうが、なにしろこのご時世だ。親会社もいい加減、目を覚まして見切りをつけるべきではないか。球団はそもそもファンの入場料で成り立っている。節操のないカネの使い方をしていればやがて、ファンの気持ちも離れていくに違いない。

引用:「保身ばかり考えている」 元球団社長が阪神フロントに大苦言


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×