ヴェンゲル、ハットのアレクシスは「本来のレベルに戻ってきた」

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

アーセナルは26日のプレミアリーグ第8節で、レスター・シティに敵地で5-2と勝利した。アーセン・ヴェンゲル監督は、FWアレクシス・サンチェスが調子を取り戻しつつあると喜んだ。

昨季ほどの活躍を見せていないと騒がれていたアレクシスだが、この日のレスター戦ではハットトリックをマーク。アーセナルはレスターに今季初黒星をつけ、リーグでの白星を取り戻している。

ヴェンゲル監督は試合後、アレクシスについて次のように述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

「彼は本来のレベルに戻っている。コパ・アメリカという大きな大会で優勝し、精神的に少し時間を必要としているんだと思うよ。この2週間は練習でも違う選手だった。それを試合で見せてくれたね。前に出たときの彼は常に(相手にとって)危険だったと思う」

「アレクシスはワールドクラス? そういう選手はたくさんいると思う。その定義を理解する必要があるね。だが、一般論として、彼は動きのある、チームのためにハードワークするストライカーだ。チームが良いプレーをしていれば、彼はゴールを決めることができる」

マンチェスター・シティが敗れたため、首位に浮上したマンチェスター・ユナイテッドと勝ち点3差となったアーセナル。次節は、そのユナイテッドとホームで直接対決だ。

「首位との差はできるだけ小さくしておきたいものだ。シティの結果は我々にとって良かったね。だが、僅差であり、プレミアリーグではいつだって危険があるんだよ」

なお、ヴェンゲル監督はレスター戦の前半に途中交代したMFマテュー・フラミニについて、ハムストリングの負傷だと明かした。また、MFフランシス・コクランが29日のチャンピオンズリーグ・オリンピアコス戦に間に合う可能性があると述べている。

(C)Goal.com

引用:ヴェンゲル、ハットのアレクシスは「本来のレベルに戻ってきた」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×