【ブエルタ・ア・エスパーニャ15】新城幸也、最後の山岳区間を先頭集団で走る「世界

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ブエルタ・ア・エスパーニャ最終日前日の第20ステージ、最後の山岳区間で新城幸也(ヨーロッパカー)がアタックした。その後は脱落するものの、7分49秒遅れの45位でレースを終えた。

他の写真を見る

スタートしてすぐに新城を含む10選手が逃げグループを形成。すぐに28人の追走集団が30秒ほどのタイム差で追いかけた。ふたつ目の山岳に入ると新城らの先頭集団からひとりが単独アタック。その直後に後続から追い上げてきた28名が合流。40人近くの大きな集団が形成され、その前にひとり逃げという展開でレースが進んだ。

3つ目の山岳に入り、新城とチームエースのロマン・シカールが含まれている40人の集団は前の選手を追うために活性化。それをきっかけに40人は崩壊し、新城も遅れた。最後の1級山岳に入るところでメイン集団から追いついてきた総合優勝争いの選手たちが新城を吸収。しばらくその集団にとどまるが、一緒に追いついてきたチームの中で一番総合順位がいいファブリス・ジャンデボズのために走り、役目を終えた。

「今日は逃げに入る役目を命じられたのでその役目を果たせてよかった。予定通り3週目はコンディションもよく走れていたので、27日の世界選手権が楽しみ」と新城。

引用:【ブエルタ・ア・エスパーニャ15】新城幸也、最後の山岳区間を先頭集団で走る「世界選手権が楽しみ」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×