三沢さんのために…蝶野と小橋が救急体制の大切さについて熱弁

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 蝶野正洋が6日、東京・アクアシティお台場「アクアアリーナ」で開催された『救急の日2015』で、自身が代表理事ならびに講師を務めるニューワールドアワーズスポーツ救命協会の講師として参加した小橋建太氏とスペシャルトークショーを行った。

 今回のイベントは、9月9日の「救急の日」ならびに、その日を含む1週間を「救急医療週間」にあわせて、救急業務及び救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深めるために、消防庁、厚生労働省、一般財団法人日本救急医療財団、一般社団法人日本救急医学会主催のもと開催された。

 2003年の新日本プロレス5.2東京ドーム大会で、GHCヘビー級王座をかけて激闘を繰り広げた蝶野と小橋氏は、救急救命の啓発活動のために強力タッグを結成。その第一歩となった今回のトークショーでは、啓発活動に取り組むきっかけとなった、蝶野の同期・橋本真也さんが2005年7月11日に脳幹出血で亡くなったこと、小橋氏の先輩である三沢光晴さんが2009年6月13日にリング上の事故で亡くなった事例を踏まえながら、救急体制の大切さについて語った。

 トークショー後半には、東京消防庁・芝消防少年団による三角巾を使っての応急手当の実演が行われ、蝶野と小橋氏は、頭をケガしたときの三角巾の使い方、腕の骨折や脱臼などの際に対応する釣り三角巾について、観客とともに学んだ。

 また、蝶野理事はレギュラー出演しているNHK Eテレ「Let’s天才てれびくん」プレゼンツ『蝶野教官&てれび戦士と応急手当を学ぼう』のステージにも登場。てれび戦士と共に、人が急に倒れた時の対応、心臓マッサージの行い方を来場者に分かりやすく伝えていた。

[記事提供:アリストトリスト]

引用:三沢さんのために…蝶野と小橋が救急体制の大切さについて熱弁


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×