7位入賞で五輪内定の伊藤舞 監督と「やっと笑顔で会えた」

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 陸上の世界選手権(中国・北京)最終日は30日、女子マラソン決勝が行われ、伊藤舞(大塚製薬)が2時間29分48秒で日本勢最高の7位で入賞し、来年のリオデジャネイロ五輪代表に内定した。
 優勝はトラック勝負でケニアのキプロプに競り勝ったエチオピアのディババ。タイム差1秒の激戦を制し、2時間27分35秒でエチオピア勢初の優勝を決めた。
 日本の前田彩里(ダイハツ)は2時間31分46秒で13位、重友梨佐(天満屋)は2時間32分37秒で14位に終わった。

 以下、レース後の伊藤のコメント。

「世界選手権の舞台で今の力を発揮するというのが一番の目標でした。その目標はまず達成できたと思います。30キロ手前でいったんキツくなって、でも河野(匡)監督と35キロ以降しか試走してなくて、後半35キロからしか勝負を考えていませんでした。まずはそこまでは我慢しようと思って走り、水をかけたり給水をしっかり丁寧に取ったりを心掛けた結果、少し元気になりました。
 (レース直後、河野監督と抱き合った時は)私はいつも、河野監督とマラソンで笑顔で会うということはあまりなかったので、今回やっと会えたかなと。(35キロ付近で3人の争いになったが)今回も粘り強く、自分の力を最後まで、42.195キロをしっかり走り切るということが目標だったので、負けたくないという気持ちと、最後まで押し切るという気持ちと、レースに集中しようという、その3つを考えて走りました」

引用:7位入賞で五輪内定の伊藤舞 監督と「やっと笑顔で会えた」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×