東京パラリンまであと5年! イベントで大林素子さんが車椅子バスケ体験

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 2020年東京パラリンピックの開幕までちょうど5年となった25日、東京・江東区のダイバーシティ東京プラザで、カウントダウンイベントが行われた。

 車椅子バスケットボールの日本代表エース・香西宏昭(27)=NO EXCUSE=ら現役選手が2対2の真剣勝負を繰り広げたほか、バレーボールの大林素子さんらオリンピアンが車椅子バスケットボールを体験。大林さんが2ゴールを決めるなど運動神経の良さを見せつけ「車椅子バズケットにはまってしまった」と笑顔を見せた。

 東京都オリンピック・パラリンピック準備局の岡崎義隆次長は「(東京パラリンピックで)全ての競技の会場を満席にするのが目標。競技の楽しみのポイントを知ってもらいたい」と詰めかけたファンに呼びかけた。

引用:東京パラリンまであと5年! イベントで大林素子さんが車椅子バスケ体験


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×